製品のよくある質問

PowerArQシリーズ

操作方法を説明した動画を下記にてアップしておりますので、
ご参考いただけますと幸いでございます。

【PowerArQ mini2】周波数の変更方法・LEDライトの切り替え方

Category: PowerArQ

使い方を説明した動画を下記にてアップしておりますので、
ご参考いただけますと幸いでございます。

【PowerArQ mini2】LEDランタンの使い方

Category: PowerArQ

626wh(ワットアワー)とは、時間のことを指しています。

具体的には626W(ワット)の消費電力の機器を1時間動作させることができる、100W (ワット)の消費電力の機器であれば6時間強の動作させることができる、 という意味合いになります。

(これは理論値であり実際の動作時間は異なります。)

 

 

Category: PowerArQ

連続稼働時間は、それぞれ以下の計算式で目安を算出可能です。

※エネルギーロスを考慮して0.85かけていただくように案内しています。

▼PowerArQ626Wh

626Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQmini

346Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQ2

500Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

 

例えば、PowerArQ626Whで、80Wの消費電力がある機器を何時間稼働できるか知りたい、という場合は、

626÷80×0.85=6.65125

となるので、およそ連続稼働の目安は6時間となります。

・下記のシュミレーターであれば、自動で目安の時間を測定できます
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kashima-tokeiten/power-arq-calculator.html?v=2018120401

・下記の製品比較でも目安の時間を確認できます。
https://sm-tap.com/pages/comparison/

<注意>
あくまで計算上の目安となります。

機器によっては、突入電力(起動時に必要な瞬間パワー)が原因で、計算した時間より短い稼働時間であったり、ご使用できない場合がございます。

また、消費電力に振れ幅がある機器に関しても、計算通りの使用ができない場合がございます。

 

 

Category: PowerArQ

ワイヤレス充電方法

  1. 本体の電源ボタン(POWER ON/OFF)をONにする
  2. DC OUTPUTボタン(本体の電源ボタンの下)を長押ししてONにする
  3. 本体上部にワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置く

上記のやり方で解決されない場合は、
ご使用のスマートフォン機種を添えて、
こちらからお問い合わせください

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQシリーズは、ジャンプスターター等の機能を搭載しておりません。
スタートに非対応となっておりますので、ご了承ください。

 

 

Category: PowerArQ

ACアダプターのみの販売は行なっておりません。

紛失・故障などの場合は、保証対応として案内いたしますので

こちらから、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ

はい、AC出力の消費電力の範囲であれば、ご使用可能です。

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQ2は500Whと、PowerArQminiより容量が多く、PowerArQより少ない、ちょうど中間の容量です。
それなのに、[45,000mAh]ととても数値が低いのは何故なのか?

それは、公称電圧が大きく関わります。

[公称電圧](※各商品ページに記載あり)
・PowerArQ=3.6V
・PowerArQmini=3.6V
・PowerArQ2=11.1V

電力量は、以下の計算式で算出されます。

「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah) × 定格電圧(V)」

それぞれを計算式に当てはめていくと…

▼PowerArQ
174,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 626.4(Wh)

▼PowerArQmini
86,400(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 311.04(Wh)

▼PowerArQ2
45,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換) × 11.1(V) =  499.5(Wh)

上記の通り、[mAh]の数値が低くてもその分、電圧が高いため500Whの電力量となります。
PowerArQ2とPowerArQ/PowerArQminiでは電圧が異なるため、
容量の大きさはWhで比較していただけますと幸いです。

 

 

Category: PowerArQ

 

PowerArQ Solar

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ Solar

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ Solar

発電量が落ちた原因として、パネル表面のほこりや汚れによって太陽光に触れる面積が低下したことによる出力低下の可能性が考えられます。

この場合、マイペットなどの中性洗剤で軽く拭き取っていただくと、改善する可能性がございます。

 

 

Category: PowerArQ Solar

製品は製造時の都合上、細かな傷や擦れ、凹みなどがついている可能性があります。
お使い頂く上で影響はございませんので、ご安心下さいませ。

 

 

Category: PowerArQ Solar

発電が正常に行われない場合は、以下をご確認くださいませ。

◆天候状況
・晴天時、太陽光の直射がされていることをご確認ください。
・曇天時や、雲が多くパネル面に影が発生してしまう場合は発電が行われません。

◆ソーラーパネルの状態
・パネル面に一部でも影や、遮蔽物が被さらないように設置ください。
・パネル面が歪んだり、曲がっていないか確認してください。
・ガラス越しなど屋内ではなく、かならず屋外に設置ください。

◆PowerArQとソーラーパネルの接続状態 その1
※ロットナンバーによって接続方法が異なります。
ロットナンバーの確認方法は、PowerArQ本体底面に貼り付けされた
ラベル面の左下に[HTST]から続く番号が印字されています。

HTST.017以下の場合‥‥PowerArQとソーラーパネル接続の間に、別売[STSL300]が必要です。

HTST.018以上の場合‥‥PowerArQに付属のケーブルで、ソーラーパネルと接続します。

▼STSL300 販売ページ
Amazon
https://www.amazon.co.jp/dp/B07HVY4GZN/
楽天
https://item.rakuten.co.jp/kashima-tokeiten/l0816/
Yahoo!
https://store.shopping.yahoo.co.jp/az-market/l0816.html

◆PowerArQとソーラーパネルの接続状態 その2
MC4ケーブルが上手くいっていないために、充電ができていない、
という問い合わせが触れております。
つきましては、一度MC4ケーブルを抜いていただき、
再度、接続し直した上で今一度再トライしていただけますでしょうか?

◆問題が解決されないときは
こちらから問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ Solar

 

EasyOneTouch

車載ホルダーは全シリーズを通して、iPhone機種であれば問題がございませんが、
android機種の場合は形状が多種多様であり、場合によってはサイドボタンが干渉してしまう恐れがあります。

以下にホルダーからの寸法をご案内いたしますので、
お手持ちのスマートフォン機種において、サイドボタンがホルダーに干渉してしまうかどうか、
ご確認いただくことが可能です。

▼Easy One Touch2


▼Easy One Touch3


▼Easy One Touch3 wireless


▼Easy One Touch4 wireless


▼Easy One Touch4X wireless

 

 

Category: EasyOneTouch

・EasyOneTouch2
・EasyOneTouch3シリーズ

→吸盤部分(直径):約6.5cm

・EasyOneTouch4シリーズ

→吸盤部分(直径):約6.8cm

 

 

Category: EasyOneTouch
当製品は、スマートフォンを両サイドから挟み込むことで固定するよう、設計された商品でございます。
手帳カバーやiFace、スマホリングなど、厚さや形状により段差が生じてしまうアクセサリをご使用の場合は
固定力の低下に繋がってしまいますため、落下による事故やトラブルの原因となります。
Category: EasyOneTouch

本製品は固定器具ですが、スタビライザーつきではございません。
固定中の車の振動を抑制する機能はなく、動画撮影などには向きません。

 

 

Category: EasyOneTouch

【原因1】装着ケースやアクセサリの問題
スマホケースが厚い場合、密着距離が離れてしまい、充電がうまく出来ない恐れがあります。
推奨ケースは薄いケースか、バンパーケースです。

【原因2】温度が高くなりすぎた。
Qiワイヤレス充電は温度が高くなりやすい充電方法です。
充電中に高温になりすぎた場合、充電は一時中断されます。

【原因3】位置が合っていない問題
wireless送信(Qiコイル位置)が背面中央ボタン周辺にあります。
ただ置いただけでうまくいく機種もありますが、スマートフォン機種によっては
スマートフォン側のQi位置と、ホルダー側のQi位置を合わせないと、うまく充電出来ない恐れがあります。

【原因4】製品の初期不良
上記お試し頂いて、それでも改善されない場合は製品不良の疑いがあります。
お買い上げ時の[注文番号]または[レシート]を添えて、こちらからお問合せくださいませ。

 

 

Category: EasyOneTouch

 

まずはじめに、当製品シリーズの吸盤はとても強力です。
しかし、皮脂や油分、砂ほこりや塵が付着すると性能が低下するため、
接着前には必ず、設置面をアルコール等で脱脂して下さい。

◆粘着が悪いときの確認事項

  1. 設置前の脱脂処理はしっかり行いましたか?
  2. ロックレバーはしっかり下がっていますか?

以下に解決方法を動画で掲載しています。ご参考くださいませ。

◆吸盤部の外し方が分からない

以下に解決方法を動画で掲載しています。ご参考くださいませ。

 

 

Category: EasyOneTouch

 

ICEBERG

商品前方のセンサーベースで温度を判定しておりますので、センサー近くの温度が設定温度に近い数値になっていれば、仕様の範囲です。

 

 

Category: ICEBERG

はい、大丈夫です。濡れても故障などは起こりません。

ただし冷凍機能はないので、氷やアイスなど、溶けて困るものはお控えください。

 

 

Category: ICEBERG

社内で検証したところ、Coolモードのフルパワーで、およそ11時間稼働しました。

PowerArQ2の場合はおよそ9時間、PowerArQminiの場合はおよそ5時間が目安となります。

ただし、本体の消費電力が上がるのは「冷却しようとする」ときで、消費電力は70~80W前後になります。

また、設定温度まで温度が下がると消費電力は50W前後に安定します。

そのため、頻繁にふたをあけたりして庫内の温度を上げてしまうと、逐一本体が冷やそうと稼働するため、PowerArQのエネルギー消費も早くなります。

 

 

Category: ICEBERG

最低温度への冷却の場合、およそ1時間から2時間前後になります。

ただし、外部温度が高くなればなるほど時間がかかりますので、この数字は目安になります。

また、最高温度への上昇はおよそ1時間前後です。

こちらは最低温度に設定時と比べ、外部温度の影響はほとんど受けません。

※設定温度は商品前方のセンサーベースになりますので、メーターの状況と庫内の温度に差が生じる場合がございます。

 

 

Category: ICEBERG

 

その他はお問い合わせはこちらから