製品のよくある質問

PowerArQシリーズ

626wh(ワットアワー)とは、時間のことを指しています。

具体的には626W(ワット)の消費電力の機器を1時間動作させることができる、100W (ワット)の消費電力の機器であれば6時間強の動作させることができる、 という意味合いになります。

(これは理論値であり実際の動作時間は異なります。)

 

 

Category: PowerArQ

連続稼働時間は、それぞれ以下の計算式で目安を算出可能です。

※エネルギーロスを考慮して0.85かけていただくように案内しています。

▼PowerArQ626Wh

626Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQmini

346Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQ2

500Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

 

例えば、PowerArQ626Whで、80Wの消費電力がある機器を何時間稼働できるか知りたい、という場合は、

626÷80×0.85=6.65125

となるので、およそ連続稼働の目安は6時間となります。

・下記のシュミレーターであれば、自動で目安の時間を測定できます
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kashima-tokeiten/power-arq-calculator.html?v=2018120401

・下記の製品比較でも目安の時間を確認できます。
https://sm-tap.com/pages/comparison/

<注意>
あくまで計算上の目安となります。

機器によっては、突入電力(起動時に必要な瞬間パワー)が原因で、計算した時間より短い稼働時間であったり、ご使用できない場合がございます。

また、消費電力に振れ幅がある機器に関しても、計算通りの使用ができない場合がございます。

 

 

Category: PowerArQ

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ

ワイヤレス充電方法

  1. 本体の電源ボタン(POWER ON/OFF)をONにする
  2. DC OUTPUTボタン(本体の電源ボタンの下)を長押ししてONにする
  3. 本体上部にワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置く

上記のやり方で解決されない場合は、
ご使用のスマートフォン機種を添えて、
こちらからお問い合わせください

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQシリーズは、ジャンプスターター等の機能を搭載しておりません。
スタートに非対応となっておりますので、ご了承ください。

 

 

Category: PowerArQ

ACアダプターのみの販売は行なっておりません。

紛失・故障などの場合は、保証対応として案内いたしますので

こちらから、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ

はい、AC出力の消費電力の範囲であれば、ご使用可能です。

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQ2は500Whと、PowerArQminiより容量が多く、PowerArQより少ない、ちょうど中間の容量です。
それなのに、[45,000mAh]ととても数値が低いのは何故なのか?

それは、公称電圧が大きく関わります。

[公称電圧](※各商品ページに記載あり)
・PowerArQ=3.6V
・PowerArQmini=3.6V
・PowerArQ2=11.1V

電力量は、以下の計算式で算出されます。

「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah) × 定格電圧(V)」

それぞれを計算式に当てはめていくと…

▼PowerArQ
174,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 626.4(Wh)

▼PowerArQmini
86,400(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 311.04(Wh)

▼PowerArQ2
45,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換) × 11.1(V) =  499.5(Wh)

上記の通り、[mAh]の数値が低くてもその分、電圧が高いため500Whの電力量となります。
PowerArQ2とPowerArQ/PowerArQminiでは電圧が異なるため、
容量の大きさはWhで比較していただけますと幸いです。

 

 

Category: PowerArQ

Load More

 

PowerArQ Solar

626wh(ワットアワー)とは、時間のことを指しています。

具体的には626W(ワット)の消費電力の機器を1時間動作させることができる、100W (ワット)の消費電力の機器であれば6時間強の動作させることができる、 という意味合いになります。

(これは理論値であり実際の動作時間は異なります。)

 

 

Category: PowerArQ

連続稼働時間は、それぞれ以下の計算式で目安を算出可能です。

※エネルギーロスを考慮して0.85かけていただくように案内しています。

▼PowerArQ626Wh

626Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQmini

346Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQ2

500Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

 

例えば、PowerArQ626Whで、80Wの消費電力がある機器を何時間稼働できるか知りたい、という場合は、

626÷80×0.85=6.65125

となるので、およそ連続稼働の目安は6時間となります。

・下記のシュミレーターであれば、自動で目安の時間を測定できます
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kashima-tokeiten/power-arq-calculator.html?v=2018120401

・下記の製品比較でも目安の時間を確認できます。
https://sm-tap.com/pages/comparison/

<注意>
あくまで計算上の目安となります。

機器によっては、突入電力(起動時に必要な瞬間パワー)が原因で、計算した時間より短い稼働時間であったり、ご使用できない場合がございます。

また、消費電力に振れ幅がある機器に関しても、計算通りの使用ができない場合がございます。

 

 

Category: PowerArQ

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ

ワイヤレス充電方法

  1. 本体の電源ボタン(POWER ON/OFF)をONにする
  2. DC OUTPUTボタン(本体の電源ボタンの下)を長押ししてONにする
  3. 本体上部にワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置く

上記のやり方で解決されない場合は、
ご使用のスマートフォン機種を添えて、
こちらからお問い合わせください

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQシリーズは、ジャンプスターター等の機能を搭載しておりません。
スタートに非対応となっておりますので、ご了承ください。

 

 

Category: PowerArQ

ACアダプターのみの販売は行なっておりません。

紛失・故障などの場合は、保証対応として案内いたしますので

こちらから、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ

はい、AC出力の消費電力の範囲であれば、ご使用可能です。

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQ2は500Whと、PowerArQminiより容量が多く、PowerArQより少ない、ちょうど中間の容量です。
それなのに、[45,000mAh]ととても数値が低いのは何故なのか?

それは、公称電圧が大きく関わります。

[公称電圧](※各商品ページに記載あり)
・PowerArQ=3.6V
・PowerArQmini=3.6V
・PowerArQ2=11.1V

電力量は、以下の計算式で算出されます。

「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah) × 定格電圧(V)」

それぞれを計算式に当てはめていくと…

▼PowerArQ
174,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 626.4(Wh)

▼PowerArQmini
86,400(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 311.04(Wh)

▼PowerArQ2
45,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換) × 11.1(V) =  499.5(Wh)

上記の通り、[mAh]の数値が低くてもその分、電圧が高いため500Whの電力量となります。
PowerArQ2とPowerArQ/PowerArQminiでは電圧が異なるため、
容量の大きさはWhで比較していただけますと幸いです。

 

 

Category: PowerArQ

Load More

 

EasyOneTouch

626wh(ワットアワー)とは、時間のことを指しています。

具体的には626W(ワット)の消費電力の機器を1時間動作させることができる、100W (ワット)の消費電力の機器であれば6時間強の動作させることができる、 という意味合いになります。

(これは理論値であり実際の動作時間は異なります。)

 

 

Category: PowerArQ

連続稼働時間は、それぞれ以下の計算式で目安を算出可能です。

※エネルギーロスを考慮して0.85かけていただくように案内しています。

▼PowerArQ626Wh

626Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQmini

346Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQ2

500Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

 

例えば、PowerArQ626Whで、80Wの消費電力がある機器を何時間稼働できるか知りたい、という場合は、

626÷80×0.85=6.65125

となるので、およそ連続稼働の目安は6時間となります。

・下記のシュミレーターであれば、自動で目安の時間を測定できます
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kashima-tokeiten/power-arq-calculator.html?v=2018120401

・下記の製品比較でも目安の時間を確認できます。
https://sm-tap.com/pages/comparison/

<注意>
あくまで計算上の目安となります。

機器によっては、突入電力(起動時に必要な瞬間パワー)が原因で、計算した時間より短い稼働時間であったり、ご使用できない場合がございます。

また、消費電力に振れ幅がある機器に関しても、計算通りの使用ができない場合がございます。

 

 

Category: PowerArQ

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ

ワイヤレス充電方法

  1. 本体の電源ボタン(POWER ON/OFF)をONにする
  2. DC OUTPUTボタン(本体の電源ボタンの下)を長押ししてONにする
  3. 本体上部にワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置く

上記のやり方で解決されない場合は、
ご使用のスマートフォン機種を添えて、
こちらからお問い合わせください

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQシリーズは、ジャンプスターター等の機能を搭載しておりません。
スタートに非対応となっておりますので、ご了承ください。

 

 

Category: PowerArQ

ACアダプターのみの販売は行なっておりません。

紛失・故障などの場合は、保証対応として案内いたしますので

こちらから、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ

はい、AC出力の消費電力の範囲であれば、ご使用可能です。

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQ2は500Whと、PowerArQminiより容量が多く、PowerArQより少ない、ちょうど中間の容量です。
それなのに、[45,000mAh]ととても数値が低いのは何故なのか?

それは、公称電圧が大きく関わります。

[公称電圧](※各商品ページに記載あり)
・PowerArQ=3.6V
・PowerArQmini=3.6V
・PowerArQ2=11.1V

電力量は、以下の計算式で算出されます。

「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah) × 定格電圧(V)」

それぞれを計算式に当てはめていくと…

▼PowerArQ
174,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 626.4(Wh)

▼PowerArQmini
86,400(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 311.04(Wh)

▼PowerArQ2
45,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換) × 11.1(V) =  499.5(Wh)

上記の通り、[mAh]の数値が低くてもその分、電圧が高いため500Whの電力量となります。
PowerArQ2とPowerArQ/PowerArQminiでは電圧が異なるため、
容量の大きさはWhで比較していただけますと幸いです。

 

 

Category: PowerArQ

Load More

 

ICEBERG

626wh(ワットアワー)とは、時間のことを指しています。

具体的には626W(ワット)の消費電力の機器を1時間動作させることができる、100W (ワット)の消費電力の機器であれば6時間強の動作させることができる、 という意味合いになります。

(これは理論値であり実際の動作時間は異なります。)

 

 

Category: PowerArQ

連続稼働時間は、それぞれ以下の計算式で目安を算出可能です。

※エネルギーロスを考慮して0.85かけていただくように案内しています。

▼PowerArQ626Wh

626Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQmini

346Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

▼PowerArQ2

500Wh(容量)÷◯◯W(使用したい製品の消費電力)×0.85(発電効率)=稼働時間

 

例えば、PowerArQ626Whで、80Wの消費電力がある機器を何時間稼働できるか知りたい、という場合は、

626÷80×0.85=6.65125

となるので、およそ連続稼働の目安は6時間となります。

・下記のシュミレーターであれば、自動で目安の時間を測定できます
https://www.rakuten.ne.jp/gold/kashima-tokeiten/power-arq-calculator.html?v=2018120401

・下記の製品比較でも目安の時間を確認できます。
https://sm-tap.com/pages/comparison/

<注意>
あくまで計算上の目安となります。

機器によっては、突入電力(起動時に必要な瞬間パワー)が原因で、計算した時間より短い稼働時間であったり、ご使用できない場合がございます。

また、消費電力に振れ幅がある機器に関しても、計算通りの使用ができない場合がございます。

 

 

Category: PowerArQ

下記動画をご参照ください。

 

 

Category: PowerArQ

ワイヤレス充電方法

  1. 本体の電源ボタン(POWER ON/OFF)をONにする
  2. DC OUTPUTボタン(本体の電源ボタンの下)を長押ししてONにする
  3. 本体上部にワイヤレス充電に対応したスマートフォンを置く

上記のやり方で解決されない場合は、
ご使用のスマートフォン機種を添えて、
こちらからお問い合わせください

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQシリーズは、ジャンプスターター等の機能を搭載しておりません。
スタートに非対応となっておりますので、ご了承ください。

 

 

Category: PowerArQ

ACアダプターのみの販売は行なっておりません。

紛失・故障などの場合は、保証対応として案内いたしますので

こちらから、カスタマーサポートまでお問い合わせください。

 

 

Category: PowerArQ

はい、AC出力の消費電力の範囲であれば、ご使用可能です。

 

 

Category: PowerArQ

PowerArQ2は500Whと、PowerArQminiより容量が多く、PowerArQより少ない、ちょうど中間の容量です。
それなのに、[45,000mAh]ととても数値が低いのは何故なのか?

それは、公称電圧が大きく関わります。

[公称電圧](※各商品ページに記載あり)
・PowerArQ=3.6V
・PowerArQmini=3.6V
・PowerArQ2=11.1V

電力量は、以下の計算式で算出されます。

「ワット時定格量(Wh)=定格定量(Ah) × 定格電圧(V)」

それぞれを計算式に当てはめていくと…

▼PowerArQ
174,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 626.4(Wh)

▼PowerArQmini
86,400(mAh) ÷ 1,000(単位変換)× 3.6(V) = 311.04(Wh)

▼PowerArQ2
45,000(mAh) ÷ 1,000(単位変換) × 11.1(V) =  499.5(Wh)

上記の通り、[mAh]の数値が低くてもその分、電圧が高いため500Whの電力量となります。
PowerArQ2とPowerArQ/PowerArQminiでは電圧が異なるため、
容量の大きさはWhで比較していただけますと幸いです。

 

 

Category: PowerArQ

Load More

 

その他はお問い合わせはこちらから