車中泊で活躍するポータブル電源を選ぶ3つのポイント

ポータブル電源

乾電池に次ぐ新たな電源として、最近人気が高いのがポータブル電源。蓄電しておけて、乾電池に比べて容量も出力も高いポータブル電源は、災害のような緊急時だけではなく、キャンプなどのアウトドアや遠出の際の電源として注目されています。災害時や遠出の際に想定される車中泊も、これ一つで快適さが格段に変わります。人気のポータブルを選ぶ際の比較すべきポイントを、車中泊で使うことを想定してまとめました。

1. 容量

容量はAh(アンペアアワー)やWh(ワットアワー)で表示されています。1時間あたりに使える電力の容量を示していて、使用量が同じなら、これらが大きいほど持続時間が長くなります。

車中泊を快適にするためのキーポイントは室温調整。エンジンを切った状態では車の空調を使うことができず、冬はかなりの寒さとなります。またテントに比べて通気性の低い車では夏場熱がこもり、窓を開けにくい環境では寝ることもままならない状態になってしまします。ポータブル電源があれば、車内温度をコントロールすることができますが、電化製品を一昼夜使うとなると、容量の見極めが必要です。小型の扇風機は10~30Wほどで、一晩動かすのであれば、250Wh程度あれば十分です。電気毛布は50~90Wほどで、使うのであれば、400Whほどの容量が必要です。

その他、ライト、スマホや、タブレットなど、利用したい電化製品を確認しましょう。利用する時期と使う電化製品を考え、最適な容量を選ぶようにしましょう。

2. 出力

ポートの種類と数一般家庭にあるタイプのAC電源や、シガーソケットなどと同じDC電源、USBポートなど、どのような出力ポートがあるか確認しましょう。特に車中泊では、DC電源があるポータブル電源を選ぶことで、普段車のシガーソケットについないで使っている電化製品をエンジン停止時も使うことができます。

出力ポートは種類だけではなく、数も重要なポイントです。USBポートなどは、スマホや、デジカメなど、最近のデジタル機器であれ多くのものが対応しているため、複数あったほうが便利です。とはいえ、複数のポートをいっぺんに使えば、それだけ電力消費量もおおくなるので、注意が必要です。

3. 重さやサイズ

ポータブルとはいえ、容量や出力ポートの種類などにより、サイズと重さが異なります。一般的には容量と出力が大きなものほど重く、大きくなります。車という限られたスペースの中で使う場合は、買ってはみたものの、重すぎて運ぶのが面倒、大きすぎて車に置いておくと場所を取りすぎてしまう、ということがないように、サイズ感にも注目して選んでみましょう。

今回は、車中泊でポータブル電源を使うにはどのようなポイントに注目すべきかをまとめました。ぜひポータブル電源を比較する際の参考にしてみてください。

一押しのポータブル電源車中泊に最適なポータブル電源として、たくさんの高評価を得ているのがSmart Tap PowerArQ(パワーアーク)です。600Whの大容量で扇風機なら30時間、ポータブル冷蔵庫なら11時間など、さまざまな電化製品を長時間稼働させることができます。充電も大容量にもかかわらず7時間〜8時間と短く、3ヶ月間 80%以上電力を維持することができます。

PowerArQを確認する

今すぐPowerArQの詳細を確認しましょう!

PowerArQ(パワーアーク)は大容量、高コストパフォーマンスのポータブル電源。

PowerArQの詳細を確認する
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


関連記事一覧

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。